2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

ラズパイでIOT#1 Raspberry Pi3を購入してWEB画面表示するまで

未分類

こんにちは
アボカド0142です。
 
ラズパイを購入したのでこれから、
ラズパイの記事も上げていこうと思います。
 

本記事で実現したいこと

 
・Raspberry Pi3をAmazonで購入する。開封する。
 
・Raspberry Pi3の初期設定(OS、その他)を行う。
 
・ブラウザから、本ブログが見えるようにする。
 
正直、良く調べずノリで買ったので
何ができるか?どんな設定をするかよくわかっていませんw
まぁlinuxOS入ってるならどうにかなるだろうと。
 

参考にした本

 
以前ブログで紹介した書籍を参考にしました。
 
[nlink url=”http://kchudoku.com/2018/0519/194134/”]
 
やさしくはじめるラズベリー・パイ 電子工作でガジェット&簡易ロボットを作ってみよう
 

購入~開封

 
購入したのは、
「ABOX Raspberry Pi3 Model B ボード&専用ケースセット」です。
 
購入時は、9980円でした。安い
 
ラズペリーパイのセットの中でもいくつかあったのですが
SDカード付属など、内容物が充実してたのが決め手です。
 
ちなみにこのセットだと、デフォルトでSDカード内
OSインストール用のデータが入っているようです。

 
Raspberry Pi3 Model B ボード&専用ケースセット
 

内容物


内容物は以下の通り
・Raspberry Pi3 Model B 本体
・microSD
・電源
・HDMIケーブル
・ケース
・Card Reader TYPE-C
・ヒートシンク
microSDの隣のビーニール袋の中身の3つが何なのかよくわからなかったのですが
調べると、ヒートシンクらしい。
 

取説

ケースに嵌める



・左から、電源、HDMI、イヤホンジャック

・左から、LAN、USB×4

・MicroSD
 

初期設定

 

接続

 

・裏にMicroSDカードを指す。
・HDMIケーブルでディスプレイとつなぐ
・LANケーブルをつなぐ
・マウス、電源をつなげる。
 

OSインストール画面


ただつないだだけですが、それっぽい画面が表示されました。
OSの選択画面のようです。
(上記はLANを繋いでいないときの画面です。
LANを繋いだら他のOSも選択できるようになります。)
 
下の方に、言語の選択があるので「日本語」を選択します。
 
OSはラズベリーパイの基本である「Raspbian」のチェックボックスにチェックして
インストールを押します。
確認メッセージは「はい」
 
インストールは20:30~23:30
くらいまでだったので、3時間くらい。
結構かかりましたね。
 

デスクトップ画面

 

 
インストールが終わると、デスクトップの画面へ
 

ブラウザ:Chromium

 
とりあえず、色んな設定をすっ飛ばして、
とりあえず最短でWEB画面表示させようとすると…
 

 
標準ブラウザでChromiumというのがある。
 

 
本ブログが開けました!
 

まとめ

 
ラズパイは、設定大変なんだろうなー
と思っていましたが、とりあえずブラウザ立ち上げまでは超簡単にできました。
 
まだ初期設定してないことがあるので
次の回で
・パスワード設定
・リモート接続の設定
・言語設定
・アプリを弄ってみる
 
等やってみようと思います。