2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

ジム3週間目。超低目標にしたら週3回通えて、腹筋も割れた。

未分類
StartupStockPhotos / Pixabay

こんにちは。
アボカド0142です。

9/1からジムに通い始めて
意外と真面目に通えています。

モチベ維持のコツは超低目標

ジムでの運動を継続するために
ルールを決めています。

<ルール>
(1)毎週金曜日、日曜日に必ずジムに行く。
 ※ただし、あえて何のトレーニングをするかは
 絶対に規定しない。温泉入っただけでもOKとする。

(2)もし、ジムでランニングマシンに乗ってしまった場合、25分感降りてはいけない。
 ※ただし、歩いていようが、止まっていようが構わない。

一見イマイチに見えますよね?
でも何故か成果が出ている。

目標が低いと未達成の罪悪感がないし、ボランティア感覚になる

目標は低いくせに、実際には
以下のように真面目にやってしまっている。

・週2で通えばいいはずなのに、気づけば週3で通っている。

・別に何もしなくてもいいはずなのに
 ちゃんと、4種目 or ランニングをやっている。

・ランニングマシンに乗ったら、歩行ほとんどしない。

なんで超低目標にしたかというと、
メンタリストDaigoの動画で超低目標というモチベ向上方法を勧めていたからです。
試しに実行してみたら、それが上手くいっているようです。

効果の実感としては
目標が低いので、未達成しづらく罪悪感が感じにくい。

それと、強制感がなく、ボランティア感覚というか自主的にやっている感?があっていいことやっている気がしてくる。

場所・環境を強制してしまえば、体は勝手に動き出す

(そこまで考えて設定した目標ではないけど)
この目標設定の裏にあるのは
人が、『やるべき場所・環境』に移動したら
自然にやるべきことをやってしまう。

JOYFITなので、そこまでガチ勢が多いわけではないけど

それなりに、真面目に鍛えている人がいたら
ジム行くまではやる気がなくても、
いつの間にか器具に座ってトレーニングしている。

ランニングマシンは使う前に
ホワイトボードに使用開始~終了の時間を
書かないといけないのだけれど、

皆30~60分が多いから、走りたくなくても
とりあえず30分書いてしまい、

乗ったら乗ったで
走ってしまい、隣の人も走ってるなら
止まるのも恥ずかしいのでそのまま継続して走ってしまう。

全然そこまで考えてなかったし
正直ブログ書きながら気づいたことだけど
場所・環境移動を目標として、内容の目標はなしor超低目標にする

っていうのは
モチベ向上、心理学として
結構いいやり方じゃないか?

習慣を作るための習慣として、
覚えておこう。

ちなみに腹筋はいつのまにか割れた

ちなみに腹筋はいつのまにか割れていた。
学生時代若干割れていたが、
社会人になって最近みなくなったなーと思っていた。

ジムに行ったら復活した。
アブドミナル、ランニングが効果あったのだと思われる。

でも割れたのは腹筋の上の方で
下の方は全然。というか腹がでている。
腹筋の下の方を鍛えるのはどうしたらいいのだろう。

習慣系の記事

関連記事:習慣登録システム完成。入力したデータを見てみる。習慣の目的とは。

関連記事:ビジネス本読書数より継続した習慣の数を数えよう。

関連記事:ブログ習慣化の為のための超絶最低目標の作り方