2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

上品NG?読書ブログのサムネ画像の付け方攻略

未分類

書評ブログのサムネは上品で良いのか?

書評ブログのサムネに悩む

本格ミステリブロガーとして、最近の私の悩みはサムネ画像をどうするか?という点。

お洒落なデスクやら壁紙やらを背景に、本の写真を撮れば良いのか?

そもそも、サムネなんか要らないのか?

昔は全然関係ないフリー素材を背景にしていたが、何か寂しい

お洒落背景+本の写真が圧倒的に多い

書評ブログを徘徊してみる。

人気の書評ブログは「お洒落背景+本の写真」のパターンがほとんどのようだ。

いかにも、インテリ感・意識高い系の人間ですという感じ。

みんな上品すぎやしないかい?

そのサムネの美しさは魅力的ではあります。

ただ、読書ブログ界隈ではその上品デザイン戦法が蔓延りすぎていて、それはちょっとツマラナイなとも思う。

知的な感じを出したくなってしまうのが、読書好きな人の特徴なのかもしれない。

上品サムネ(=お洒落背景+本写真)がダメな理由

~上品サムネがダメな理由~
・情報量が少ない。
・他ブログとの違いをPRできない。

本ブログの作戦

本ブログのサムネはYoutube風(ダサデカ文字)

本ブログの今後のサムネについては、Youtube風のダサデカ文字を多用したごちゃごちゃしたサムネにしていく予定です。

超でかく短い単語で、本のPRポイントを記載していく。

Youtube風にする目的は、上品サムネがダメな理由の裏返しになりますが、

①サムネで惹きつける。

②本ブログのサムネであることを認知してもらう。

の2点です。