2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

「風ヶ丘五十円玉祭りの謎」ネタバレなしで徹底考察!

02ミステリ小説

あらすじ

~あらすじ~
夏祭りにやって来た、裏染天馬と柚乃たち風ヶ丘高校の面々。

たこ焼き、かき氷、水ヨーヨー、どの屋台で買い物してもお釣りに五十円玉が含まれるのはなぜ?

名作『競作五十円玉二十枚の謎』をモチーフに挑んだ表題作ほか、天馬の妹の華麗な謎解きも収録した全五編。

“若き平成のエラリー・クイーン”が日常の謎に挑戦。人気イラストレーター・田中寛崇による新規書き下ろし扉絵つき。

出典元:版元ドットコム(https://www.hanmoto.com/)

本書のジャンル・特徴

  • 本格ミステリである
  • 短編集
  • 日常の謎
  • 百合ミステリ
  • ホワイダニットの名作
  • 消失
  • 青春小説
  • バカミス
  • 学園ミステリ

考察

もう一色選べる丼はホワイダニットの名作

短編集の中で「もう一色選べる丼」がかなり刺さりました。

このタイトルは、某太鼓ゲームのあの有名な言葉が由来なのでしょうか?

良質なホワイダニット(動機)物であり、真相はかなりこじれている。

別に犯罪でもなんでもない、小さな事件だけど端正な謎解きなのでワクワクする。

日常の謎でも青崎さんの一流のロジックが読めるのが嬉しい。

全然関係ないけど、持ち出し可能な学食って羨ましい。

学食なんて混んでて10回くらいしか行ったことない気がする…。

天使たちの残暑見舞いは百合バカミステリ

とりあえず、挿絵が相当百合

本格ミステリの癖して、イラストレーターさんが相当仕事してる。

一巻の時点では、こういう路線になるとは思っていなかった。

しかし、本格ミステリ要素がおざなりになっているのではなく、むしろ謎解きのレベルは進化しており+αとしてキャラものとしての魅力が上がっている傾向なので、個人的にはOK。というか大満足である。

内容としては、相当なバカミス

さすがに先輩気づけよ!と思わなくもないが、トリックの発想はとても好きですね。

↓麻耶雄嵩の「友達以上探偵未満」も百合ミステリ

麻耶雄嵩先生初の百合本格ミステリ「友達以上探偵未満」レビュー
こんばんは アボカド0142です。 麻耶雄嵩中毒となっております。 初の百合本格ミステリ あらすじ 三重県立伊賀野高校の放送部に所属する伊賀ももと上野あおは大のミステリ好き。ある日、部活動で訪れた伊賀の里ミステリー...

イヤミス少なめの日常の謎

最近の日常の謎というと、米澤穂信さんの作品が浮かびます。

米澤穂信さんの作品(特に短編集)はイヤミスが多いような気がしますが、本作はさわやかな結末を迎える物がほとんどです。

モヤモヤしたくない人でも読める日常の謎なので、是非読みましょう。

3作目でキャラクターの関係性もあるので、1・2作目から読んだ方が良いと思います。

関連記事

シリーズ作品

↓【2作目】「水族館の殺人

「水族館の殺人」を徹底考察【ネタバレなし】
あらすじ ~あらすじ~ 夏休み最中の八月四日,向坂香織たち風ヶ丘高校新聞部の面々は,取材で市内の穴場スポットである,丸美水族館に繰り出した。 館内を館長の案内で取材していると,B棟の巨大水槽の前で驚愕のシーンを目撃。 な...

↓【4作目】「図書館の殺人

読者への挑戦状を貴方は本当にやりましたか?「図書館の殺人」
あらすじ ~あらすじ~ 九月の朝、風ヶ丘図書館の開架エリアで死体が発見された。 被害者は常連利用者の男子大学生。 閉館中の館内に忍び込み、山田風太郎の『人間臨終図巻』で何者かに撲殺されたらしい。 現場にはなんと...

本格ミステリベスト10

↓「2020年本格ミステリベスト10」を本ブログで大胆予想中

2020年本格ミステリベスト10 大胆予想!今年は激戦区!
2020年本格ミステリベスト10 トップ10予想 本記事は2019年12月01日時点でのランキングの予想です。 ※2020本格ミステリベスト10が12月5日に発売されました。    【結果】 → 私が予想した1~10位の...