2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

「ジェリーフィッシュは凍らない」徹底考察①【ネタバレ有】

未分類

本記事の内容には、ネタバレが含まれています!

すでに作品を読了された方向けの内容となりますのでご注意下さい。

あらすじ

~あらすじ~

第26回鮎川哲也賞受賞作

特殊技術で開発された、小型飛行船〈ジェリーフィッシュ〉。その発明者であるファイファー教授を中心とした技術開発メンバー6人は、次世代型ジェリーフィッシュの長期航空試験に臨んでいた。

ところがフライト中に、密室状態の艇内でメンバーの一人が死体となって発見される。

さらに、自動航行プログラムが暴走し、彼らは試験機ごと雪山に閉じ込められてしまう。

脱出する術もない中、次々と犠牲者が……。

精緻な筆致で描く本格ミステリ、新時代の『そして誰もいなくなった』登場!

出典元:版元ドットコム(https://www.hanmoto.com/)

本書のジャンル・特徴

  • 本格ミステリである
  • 密室殺人
  • クローズドサークル
  • 特殊設定
  • そして誰もいなくなった系

考察(ネタバレ有)

ファンタジーよりな特殊設定

特殊設定の中でも、ファンタジー寄りな作品。

現代社会より、技術が進んでいないようで、ある部分では超進んでいるような不思議な世界観で話は展開されます。(80年代のアメリカ?)

本作では、ジェリーフィッシュと呼ばれる超最新技術の気球が登場。

逆にDNA鑑定は使えないので、トリックの幅が広がっている、ある意味ミステリーをやるのに都合がいい設定となっているのが特徴。

類似、オマージュされた作品はどういったものがあるか?

あらすじにもありますが

本作品はアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」のオマージュですね。

「そして誰もいなくなった」系の作品の中でも、ずいぶんと特異な状況下でのクローズド・サークルなのでどんな仕掛けがあるのかワクワクした作品です。

最近読んだ中で、同じく特殊設定で「そして誰もいなくなった」を鬼畜にやってしまったやった白井智之さんの「そして誰も死ななかった」と比べてみるのも面白いと思います!

「そして誰も死ななかった」若き鬼才白井啓之のクリスティオマージュがヤバすぎた。
あらすじ ~あらすじ~ 覆面作家・天城菖蒲(あまき・あやめ)から、絶海の孤島に建つ天城館に招待された五人の推理作家。 しかし館に招待主の姿はなく、食堂には不気味な泥人形が並べられていた。 それは十年前に大...

パワフルに心に残ったセリフ、文章、トリックは何か?

本作の最大の仕掛けは叙述トリック。(ジェリーフィッシュの数)

本作は時系列の異なる2つの視点で話が進んでいく。

1つは、犯行前~犯行完了までのジェリーフィッシュ搭乗者達の視点。

もう1つは、犯行後のマリア&漣コンビの探偵視点。

この2つの視点なのも、なんか伏線なんだろうなぁ」と思ってたら

案の定、叙述トリックでしたね。

ジェリーフィッシュは2隻あったとは…。

本作はフェアorアンフェア?どういった人に薦められるか?

本作はフェア・プレイと言えるのか?

まず、叙述トリック自体は読者が気づけるような伏線さえあればフェアな作品であると認めます。

本著では推理できる余地があるのでフェアだと思います。

ただ、どんでん返しの感動は少なかった。

2隻あるって言われた時に、ピンとこなかったんだよなぁ。

叙述が上手い作品だとなんか違和感あるんだけど、良くわからんなぁというモヤモヤがあって真実が明かされた瞬間にカタルシスが得られるのだけれど、あまりこの作品ではイマイチだった。

それより、何故犯行を行ったかとか、犯人の供述の内容が面白かった。

おすすめ!関連記事

特殊設定ミステリと言えば……!

↓「「特殊設定(SF)」の本格ミステリランキング【2019年時点】【おすすめ】

「特殊設定(SF)」の本格ミステリランキング【2019年時点】【おすすめ】
こんにちは! 本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回はこれから爆発的に伸びていくであろう(私が思っているだけ)特殊設定ミステリについてまとめました。 本格ミステリ界で話題になった「屍人荘の殺人」等、近年、面白い特殊設定...

↓「そして誰も死ななかった

「そして誰も死ななかった」若き鬼才白井啓之のクリスティオマージュがヤバすぎた。
あらすじ ~あらすじ~ 覆面作家・天城菖蒲(あまき・あやめ)から、絶海の孤島に建つ天城館に招待された五人の推理作家。 しかし館に招待主の姿はなく、食堂には不気味な泥人形が並べられていた。 それは十年前に大...

↓「魔眼の匣の殺人

「魔眼の匣の殺人」何故面白いのか徹底考察①【ネタバレ有】
この記事は、屍人荘の殺人、魔眼の匣の殺人を 読んだあとに書いています 関連記事:麻耶雄嵩先生初の百合本格ミステリ「友達以上探偵未満」レビュー 次の記事:「魔眼の匣の殺人」徹底考察②考察のための5つの質問【ネタバレ有】 ...

↓「犯人IAのインテリジェンス・アンプリファー

「犯人IAのインテリジェンス・アンプリファー」AIミステリーの続編はバカミスなのか!?
あらすじ ~あらすじ~ 賢くて可愛いAI 犯人の探偵を翻弄する大逆襲劇。 人工知能探偵・相以の驚異的な推理力に大敗を喫した以相。 復讐に燃える彼女は、人間の知能を増幅させ完璧な共犯者を造り、相以に挑戦状を叩きつけた。 ...

↓「むかしむかしあるところに、死体がありました。

昔話本格ミステリの2019年傑作!「むかしむかしあるところに、死体がありました。」紹介
この記事は、「むかしむかしあるところに、死体がありました。」を 読んだあとに書いています。 前の記事:「殺人犯 対 殺人鬼」(早坂 吝)今読むべき本格ミステリを最速徹底考察!【ネタバレ有】 あらすじ ...

本格ミステリベスト10

↓「2020年本格ミステリベスト10」を本ブログで大胆予想中

2020年本格ミステリベスト10 大胆予想!今年は激戦区!
2020年本格ミステリベスト10 トップ10予想 本記事は2019年12月01日時点でのランキングの予想です。 ※2020本格ミステリベスト10が12月5日に発売されました。    【結果】 → 私が予想した1~10位の...