2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

早坂吝さん(ミステリ作家)はどんな人?プロフィール・著作を紹介します!

02ミステリ小説

こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。

今回は『早坂吝さん(ミステリ作家)はどんな人?プロフィール・著作を紹介します』と題して、ミステリ作家の「早坂吝」さんについてまとめてみました。

早坂吝 プロフィール

生年月日 1988年

出身大学 京都大学

デビュー作品 ○○○○○○○○殺人事件

受賞歴 第50回メフィスト賞 受賞

実は私(アボカド)と同世代のようです。

同じ年代で活躍されている人がいると、何だか嬉しくなるんですよね!

出身大学は、京都大学。

京都大学というと、特に、新本格ミステリー全盛期に沢山の方がデビューしていますね。

綾辻行人、我孫子武丸、法月綸太郎、麻耶雄嵩、清涼院流水

読んでみるとわかりますが、早坂吝さんも、本格ミステリの血を確実に引き継いでいます

Wikipediaによると、

小中学生の時にアガサ・クリスティの作品を、高校生の時に綾辻行人の作品を、大学生の時にエラリー・クイーンや麻耶雄嵩を読んでいる。
参考:Wikipedia

作風的に、麻耶雄嵩さんには大分影響を受けているような気がします。

早坂吝 著作について

早坂吝 著作一覧

【らいちシリーズ】○○○○○○○○殺人事件

「○○○○○○○○殺人事件」(早坂吝)が何故面白いのか徹底考察【ネタバレ有】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「○○○○○○○○殺人事件」(早坂吝)が何故面白いのか徹底考察』と題して 私が大好きな作家早坂吝さんの小説「○○○○○○○○殺人事件」についてまとめてみました。 ...

【らいちシリーズ】虹の歯ブラシ上木らいち発散

「虹の歯ブラシ上木らいち発散」(早坂吝)何故面白いのか徹底考察【ネタバレなし】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「虹の歯ブラシ上木らいち発散」何故面白いのか徹底考察』と題して、小説「虹の歯ブラシ上木らいち発散」についてまとめてみました。 あらすじ ~あらすじ~ 『○○○...

【らいちシリーズ】誰も僕を裁けない

「誰も僕を裁けない」(早坂吝)面白い本格!徹底考察①
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「誰も僕を裁けない」(早坂吝)面白い本格!徹底考察①』と題して、小説「誰も僕を裁けない」についてまとめてみました。 あらすじ ~あらすじ~ 「援交探偵」上木ら...

【らいちシリーズ】双蛇密室

「双蛇密室」(早坂吝)何故面白いのか徹底考察【ネタバレ有】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「双蛇密室」(早坂吝)何故面白いのか徹底考察【ネタバレ有】』と題して、小説「双蛇密室」についてまとめてみました。 あらすじ ~あらすじ~ 「援交探偵」上木らい...

【らいちシリーズ】メーラーデーモンの戦慄

「メーラーデーモンの戦慄」徹底考察!考察のための5つの質問【ネタバレ有】
この記事は、メーラーデーモンの戦慄を 読んだあとに書いています 前の記事:「魔眼の匣の殺人」徹底考察②考察のための5つの質問【ネタバレ有】 (1)広告戦略や、SNS上の評価はどうか? 以下あらすじ ...

【最新科学技術系ミステリ】RPGスクール

「RPGスクール」(早坂吝)がイマイチな理由徹底考察
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「RPGスクール」(早坂吝)がイマイチな理由徹底考察』と題して、小説「RPGスクール」についてまとめてみました。 あらすじ ~あらすじ~ 「私は君たちにゲ...

【最新科学技術系ミステリ】ドローン探偵と世界の終わりの館

「ドローン探偵と世界の終わりの館」(早坂吝)何故面白いのか徹底考察【ネタバレ有】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「ドローン探偵と世界の終わりの館」(早坂吝)何故面白いのか徹底考察【ネタバレ有】』と題して、小説「ドローン探偵と世界の終わりの館」についてまとめてみました。 本記...

【最新科学技術系ミステリ】探偵AIのリアル・ディープラーニング

「探偵AIのリアル・ディープラーニング」(早坂吝)何故面白いのか徹底考察
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「探偵AIのリアル・ディープラーニング」(早坂吝)何故面白いのか徹底考察』と題して、小説「探偵AIのリアル・ディープラーニング」についてまとめてみました。 あらすじ ...

【最新科学技術系ミステリ】犯人IAのインテリジェンス・アンプリファー

「犯人IAのインテリジェンス・アンプリファー」AIミステリーの続編はバカミスなのか!?
あらすじ ~あらすじ~ 賢くて可愛いAI 犯人の探偵を翻弄する大逆襲劇。 人工知能探偵・相以の驚異的な推理力に大敗を喫した以相。 復讐に燃える彼女は、人間の知能を増幅させ完璧な共犯者を造り、相以に挑戦状を叩きつけた。 ...

【?】殺人犯 対 殺人鬼

「殺人犯 対 殺人鬼」(早坂 吝)今読むべき本格ミステリを最速徹底考察!【ネタバレ有】
この記事は、「殺人犯 対 殺人鬼」を 読んだあとに書いています。 今回の記事はネタバレをガンガンしていくので 未読の方はご注意ください。 前の記事:「メーラーデーモンの戦慄」徹底考察!考察のための5つの質問【...

早坂吝 刊行ペース

1年に2冊くらいのペース。

ミステリ作家にしては多い方だと思います。

早坂吝 著作の傾向

著作の傾向

  • 尖った作品
  • 前代未聞
  • 後期クイーン問題
  • 読者への挑戦状
  • エロミスor最新科学技術
  • 麻耶雄嵩好きにはおすすめ

衝撃のデビュー作「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」を始めとして、尖った作品を発表し続けている早坂吝さん。

京大ミステリ出身らしく本格ミステリの土台ができている。

後期クイーン的問題を取り上げたり、読者への挑戦状を挟むなどコアなミステリファンに刺さる内容であるが、その一方キャラクターや文体は軽いので、とても読み易い。

ただし、代表作のらいちシリーズはエロミスであり、表紙もあれなので、女性や硬派なミステリファンに手に取ってもらえないのが玉に瑕

私が一番好きなミステリ作家は麻耶雄嵩さんなのですが、その後継者になりうる早坂吝さんに非常に期待しております。

作品の傾向はそんなに近くはないんですけど、

「バカじゃないの!」と叫びたくなる奇想

一方で理路整然とした謎解き、

の両方を持ち合わせている点では共通点があるように思います。

まとめ

今回は『早坂吝さん(ミステリ作家)はどんな人?プロフィール・著作を紹介します!』と題してミステリ作家の「早坂吝」さんについて紹介しました。

では、今回もご覧いただきありがとうございました!