2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

ノックスの十戒とは?意味・解説【本格ミステリブロガーが解説】

03ミステリ論・用語
StockSnap / Pixabay

こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。

今回は『ノックスの十戒とは?意味・解説【本格ミステリブロガーが解説】』と題して、

ミステリ用語の「ノックスの十戒」についてまとめてみました。

ノックスの十戒Wikipedia解説

~ノックスの十戒(wikipedia)~

ノックスの十戒(ノックスのじっかい、Knox’s Ten Commandments)はロナルド・ノックスが1928年に“The Best of Detective Stories of the Year 1928”(邦題『探偵小説十戒』)で発表した、推理小説を書く際のルールである。

S・S・ヴァン=ダインによる「ヴァン・ダインの二十則」と並んで推理小説の基本指針となっている。

日本では江戸川乱歩が『幻影城』の中で紹介している。

なお、「十戒」を意図的に破った作品や、「十戒」の記述を逆手にとったトリックを用いた作品も数多く存在している。

ノックス自身も「十戒」を破った作品を発表しており(ヴァン=ダインも同様)、また十戒の前置きで「どうして自分でこんなことを考えたか分からない」旨を述べているなど、ユーモア精神から冗談半分に書かれたとする見方も多い。

出典元:wikipedia

ノックスさんが作ってみた推理小説の基本指針。

守らないと、推理小説とは認めないとかそんな厳密なルールではありません。

ノックスの十戒の内容

  • 1.犯人は物語の当初に登場していなければならない
  • 2.探偵方法に超自然能力を用いてはならない
  • 3.犯行現場に秘密の抜け穴・通路が二つ以上あってはならない(一つ以上、とするのは誤訳)
  • 4.未発見の毒薬、難解な科学的説明を要する機械を犯行に用いてはならない
  • 5.中国人を登場させてはならない
  • 6.探偵は、偶然や第六感によって事件を解決してはならない
  • 7.変装して登場人物を騙す場合を除き、探偵自身が犯人であってはならない
  • 8.探偵は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない
  • 9.サイドキックは自分の判断を全て読者に知らせねばならない
  • 10.双子・一人二役は予め読者に知らされなければならない

今の時代に見ると、イマイチな内容ですね。

このルールを破っている作品は現代では沢山あります。

ノックスの十戒の中で今も通用するものはあるか?

ノックスの十戒の中で今の推理小説界にも通用するルールはあるのか?

十戒についてそれぞれ検証していこうと思います!

先に結論を言ってしまうと

今も通用するルールは10分の3ですね!

1.犯人は物語の当初に登場していなければならない

当初”の定義によりますが……

たとえば、10章の小説であれば1~3章を当初と想定して考えてみると、

流石に、10章で初登場はイマイチだけど、中盤くらいに出てくれば犯人にしていいような気がします。

結論:今の推理小説界には「×通用しない」

2.探偵方法に超自然能力を用いてはならない

特殊設定ミステリ殺しのルールですね。

・超自然能力を使うのであれば、 事前にどういうことができるのか前提条件を明らかにすること

・超自然的能力だけでなく、論理的謎解きを入れること

といった条件があれば、超自然能力を探偵が使ってもいいと思います

結論:今の推理小説界には「×通用しない」

3.犯行現場に秘密の抜け穴・通路が二つ以上あってはならない

何故1つなら大丈夫で、2つ以上なら駄目なのかよくわからない。

結論:推理小説界には「×通用しない」

4.未発見の毒薬、難解な科学的説明を要する機械を犯行に用いてはならない

未発見の毒薬、難解な科学的説明を要する機械でも

事前に読者にわかるよう説明していれば、別に使ってもいいと思う。

結論:今の推理小説界には「×通用しない」

5.中国人を登場させてはならない

差別でしかない。

結論:今の推理小説界には「×通用しない」

6.探偵は、偶然や第六感によって事件を解決してはならない

論理的な謎解きによる解決をすべきだと思う。

結論:今の推理小説界には「〇通用する」

7.変装して登場人物を騙す場合を除き、探偵自身が犯人であってはならない

論理的な謎解きによる解決をすべきだと思う。

結論:今の推理小説界には「×通用しない」

8.探偵は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない

これは完全に同意。

ノックスの十戒の中で一番本質的なルールだと思っています。

結論:今の推理小説界には「〇通用する」

9.サイドキックは自分の判断を全て読者に知らせねばならない

「サイドキック」=助手のこと。

シャーロックホームズでいうワトソン役ですね。

これは微妙なところ。

別にワトソン役の考えをルールで制限する必要はないと思うんですよね。

結論:今の推理小説界には「×通用しない」

10.双子・一人二役は予め読者に知らされなければならない

これは完全に同意。

結論:今の推理小説界には「〇通用する」

まとめ

今回は『ノックスの十戒とは?意味・解説【本格ミステリブロガーが解説】』と題して、

ミステリ用語の「ノックスの十戒」について紹介しました。

では、今回もご覧いただきありがとうございました!

おすすめ記事!

本格ミステリベスト10

↓「2020年本格ミステリベスト10」を本ブログで大胆予想中

2020年本格ミステリベスト10 大胆予想!今年は激戦区!
2020年本格ミステリベスト10 トップ10予想 本記事は2019年12月01日時点でのランキングの予想です。 ※2020本格ミステリベスト10が12月5日に発売されました。    【結果】 → 私が予想した1~10位の...

本格ミステリベスト10

↓「このミステリがすごい!2020年

「このミステリーがすごい2020年版」の順位と徹底考察
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「このミステリーがすごい2020年版」の順位と感想』と題して 12月11日発売の「このミステリーがすごい2020年版」についてまとめてみました。 本記事の内...

どんでん返しミステリ

↓どんでん返しミステリ

読書量年100冊の私が勧めるどんでん返しミステリ7選【おすすめ】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『読書量年100冊の私が勧めるどんでん返しミステリ7選』と題して どんでん返しミステリを紹介します! どんでん返しミステリ7選 順不同です。 おす...

屍人荘の殺人の小説と映画比較

↓屍人荘の殺人の小説と映画比較

屍人荘の殺人の原作と映画化の徹底比較!【最速で本格ミステリブロガーが考察→イマイチでした】【ネタバレあり】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『屍人荘の殺人の原作と映画の徹底比較!』と題して、 「屍人荘の殺人」の原作と映画の比較記事を書いてみました。 12月13日公開で、12月14日ブログ更新。 ...