2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

「なめらかな世界と、その敵」(伴名練)の考察と次に読むべきオススメ本7冊紹介!【ネタバレなし】

04ミステリ小説以外

こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。

今回は『「なめらかな世界と、その敵」(伴名練)の考察と次に読むべきオススメ本7冊紹介!【ネタバレなし】』と題して、

小説「なめらかな世界と、その敵」についてまとめてみました。

普段は本格ミステリ専門でやっていますが、

SFの若手作家さんの作品で、非常に面白く、

さらに今後に期待できる作品だったので紹介してしまいます!

created by Rinker
早川書房
¥1,870(2020/09/20 17:35:24時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

~あらすじ~

複数の並行世界を行き来するのが当たり前になった世界で、事故によりその能力を失ってしまった女子高生の孤独を描く表題作のほか、ゼロ年代・セカイ系・伊藤計劃以後・百合などの潮流を傑作SFに落とし込む短篇集。

2010年代で最もSFを愛する作家がついに登場

出典元:版元ドットコム(https://www.hanmoto.com/)

本作のジャンル・特徴

  • 本格ミステリではない
  • SF
  • 百合SF

本作の評価・加減点理由

「なめらかな世界と、その敵」の評価(総合的面白さ :★★★★★)

 総合的面白さ :★★★★★

~評価詳細~

  • 文章の読み易さ:★★★★★
  • 登場人物の魅力:★★★★☆
  • 私の好み   :★★★★★
◎良かった点

  • 伊藤計劃さん以来の衝撃。求めていた若手SF作家
  • 傑作①「ひかりより速く、ゆるやかに」
  • 傑作②「なめらかな世界と、その敵」
  • 傑作③「美亜羽へ贈る拳銃」
  • 吸引力のある表紙(かぐや様は告らせたいの赤坂アカ氏)
  • とっつきやすいSF

×イマイチな点

  • 「ゼロ年代の臨界点」はSFマニアでないと面白さがわからない?

SFの若き鬼才である伊藤計劃さんが亡くなってから、

SF作品はほとんど(野崎まどさん作品以外)読まなくなってしまいました。

そこに現れた大型新人。

「なめらかな世界と、その敵」の次に読むべきオススメ本7冊

SFは疎いですが、読んだことのあるSF小説から面白かった作品を紹介します!

①旅のラゴス(筒井康隆)

created by Rinker
¥572(2020/09/20 17:35:25時点 Amazon調べ-詳細)

②家族八景(筒井康隆)

created by Rinker
¥605(2020/09/20 17:35:26時点 Amazon調べ-詳細)

③しあわせの理由(グレッグイーガン)

created by Rinker
¥605(2020/09/20 17:35:26時点 Amazon調べ-詳細)

④ハーモニー(伊藤計劃)

created by Rinker
¥594(2020/09/20 17:35:27時点 Amazon調べ-詳細)

⑤虐殺器官(伊藤計劃)

created by Rinker
¥792(2020/09/21 08:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

⑥バビロン(野崎まど)

created by Rinker
講談社
¥759(2020/09/20 17:35:28時点 Amazon調べ-詳細)

⑦ボッコちゃん(星新一)

created by Rinker
新潮社
¥693(2020/09/21 08:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は『「なめらかな世界と、その敵」(伴名練)の考察と次に読むべきオススメ本7冊紹介!【ネタバレなし】』と題して、

小説「なめらかな世界と、その敵」について紹介しました。

では、今回もご覧いただきありがとうございました!

created by Rinker
早川書房
¥1,870(2020/09/20 17:35:24時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ記事!

本格ミステリベスト10

↓「2020年本格ミステリベスト10」を本ブログで大胆予想中

2020年本格ミステリベスト10 大胆予想!今年は激戦区!
2020年本格ミステリベスト10 トップ10予想 本記事は2019年12月01日時点でのランキングの予想です。 ※2020本格ミステリベスト10が12月5日に発売されました。    【結果】 → 私が予想した1~10位の...

このミステリーがすごい!

↓「このミステリーがすごい!2020年

「このミステリーがすごい2020年版」の順位と徹底考察
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「このミステリーがすごい2020年版」の順位と感想』と題して 12月11日発売の「このミステリーがすごい2020年版」についてまとめてみました。 本記事の内...

どんでん返しミステリ

↓どんでん返しミステリ

読書量年100冊の私が勧めるどんでん返しミステリ7選【おすすめ】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『読書量年100冊の私が勧めるどんでん返しミステリ7選』と題して どんでん返しミステリを紹介します! どんでん返しミステリ7選 順不同です。 おす...

新鋭本格ミステリ作家

↓新鋭本格ミステリ作家

おすすめ!新鋭本格ミステリ作家7名とオススメ本を紹介!【本ミス2020】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『おすすめ!新鋭本格ミステリ作家7名を紹介』と題して、 とても期待している若手ミステリ作家7名についてまとめてみました。 本格ミステリベスト10の新鋭特集の7名が超オ...

屍人荘の殺人の小説と映画比較

↓屍人荘の殺人の小説と映画比較

屍人荘の殺人の原作と映画化の徹底比較!【最速で本格ミステリブロガーが考察→イマイチでした】【ネタバレあり】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『屍人荘の殺人の原作と映画の徹底比較!』と題して、 「屍人荘の殺人」の原作と映画の比較記事を書いてみました。 12月13日公開で、12月14日ブログ更新。 ...