2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

武漢の日本人をチャーター便希望者全員帰国。ついでに「ゴーン」も乗せたいね。

04ミステリ小説以外
StartupStockPhotos / Pixabay

こんばんはアボカドです。

今回は『武漢の日本人をチャーター便希望者全員帰国。ついでに「ゴーン」も乗せたいね。』と題して、

新型肺炎の帰国問題についてまとめてみました。

武漢の日本人、希望者はチャーター便帰国策表明

安倍総理は26日、中国で感染が拡大している「新型コロナウイルス」による肺炎をめぐり、

武漢市に住む日本人について

「中国政府との調整が整い次第、

チャーター機などあらゆる手段を追求して希望者全員を帰国させることにした。

調整を一層加速して速やかに帰国を実現させたいと考えている」

と明らかにした。

引用:AbemaTV/『AbemaNews』

対応のスピード感がイマイチだという指摘がありますが、

基本的に、悪い報道ではないと思います。

安倍さん嫌いな人は何故か滅茶苦茶叩いてますが、

叩く内容ではないでしょう。

ただ、当然、感染には気を付けないといけないわけで、

飛行機では、パイロット・客室乗務員

空港では、空港従業員を守る施策も必要になってきます。

チャーター便と言えばゴーンさん

チャーター便と言えば、

ゴーンさんがレバノンへ飛び立った手段として、最近話題になりましたね。

ゴーンさんの件で、海外に、

日本は入出国審査が甘い(特にチャーター便)という評判がついてしまったので、

今回の案件も心配ですね。

経歴詐称した中国人が乗り込んでこないかとか、不安。

まとめ

今回は『武漢の日本人をチャーター便希望者全員帰国。ついでに「ゴーン」も乗せたいね。』と題して、

帰国問題・チャーター便・ゴーンについて紹介しました。

では、今回もご覧いただきありがとうございました!

おすすめ記事

中国の新型肺炎治療10日間病院建設に学ぶ!「超スピード仕事術」
こんにちは!アボカドです。 今回は、『中国の新型肺炎治療10日間病院建設に学ぶ「超スピード仕事術」』 と題して、話題の中国の10日間建設から学べる行動力の身につけかたについて記事にしてみました。 スピード至上主義は悪か? ...