2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

SFミステリADVゲーム傑作3作を徹底比較!【シュタゲ・Ever17・十三機兵防衛圏】

04ミステリ小説以外

こんにちは!アボカドです。

今回は『SFミステリADVゲーム傑作3作を徹底比較!【シュタゲ・Ever17・十三機兵防衛圏】』と題して

SFミステリADVゲームの名作である

シュタインズゲート・Ever17・十三機兵防衛圏

の比較記事を書いてみました!

各ゲームの作品紹介

created by Rinker
サイバーフロント/5pb.
¥8,780(2020/09/20 15:44:15時点 Amazon調べ-詳細)

~Ever17 あらすじ~

近未来の設定の中くりひろげられるサスペンスアドベンチャー。

海洋テーマパークに閉じ込められた7人の男女が危機を乗り越えていく。やがて解明される真実とは…。

出典元:Amazon

~シュタインズゲート 作品紹介~

5pb.×Nitroplus 科学アドベンチャーシリーズ第2弾!キャラクターデザインに注目度急上昇中のクリエーターhuke氏を起用し、より先鋭化させたSFギミックと、『CHAOS;HEAD』での渋谷崩壊から1年後の秋葉原を舞台にサスペンスあふれる「想定科学アドベンチャー」が動き出す! 本作では「フォーントリガー」システムを採用。いまや生活に欠かせないアイテム「ケータイ電話」。主人公が持つケータイの取り扱いが物語に変化をもたらします。電話に出る・出ない、圏外に居た・居ないなど状況や行動によって自然にストーリーの分岐が発生。誰にでもある、電話に出たい相手や出たくない相手、電話に出ると気まずい状況。そんな時の行動が世界の運命を決定づけるトリガーとなるシステムです。

出典元:Amazon

created by Rinker
アトラス
¥8,397(2020/09/20 15:44:16時点 Amazon調べ-詳細)

~十三機兵防衛圏 あらすじ~

アトラス×ヴァニラウェアによる新たな挑戦は、“十三人”の主人公によるドラマチックアドベンチャー。

80年代の世界を舞台に、少年少女は「機兵」と呼ばれるロボットに乗り込み、避けられぬ破滅の運命と戦う群像劇を、PS4で体験せよ

出典元:公式HP

発売年はそれぞれ、

Ever17が2002年、シュタゲが2009年、十三機兵防衛圏が2019年。

十三機兵が一番新しいけど、舞台の年代が1980年代と一番古いのが面白い。

共通するポイント

~共通するポイント~

  • 張り巡らされた伏線
  • SF要素を詰め込みまくる
  • 衝撃の真実・カタルシス

異なるポイント

~異なるポイント~

  • 盛り上がり(テンション)の起伏・リズム
  • 謎・ストーリーの難解さ

盛り上がり(テンション)の起伏・リズム

Ever17は、なんといっても、一番謎の解明時の衝撃度が大きい。

これを超える作品は今後出ないまである。

この作品はかなり語り継がれてますしね。

しかし、一方、中だるみがかなり多かった印象があります。

瞬間風速一位のEver17。

シュタインズゲートは、最初の何時間かは、主人公の超中二病気質も含め

ちょっと抵抗がありましたが、それ以降は、緊張感、謎の連鎖で

最後までずっと面白い作品でした。

一番優等生タイプのSFミステリであるシュタインズゲート

十三機兵防衛圏は構成が独特。

街とか428みたいなゲームをイメージしてもらえればいいのですが、

ADVパートでは、13人の主人公を選択、ショートストーリー(10分)を進め、

また別の主人公の視点で進めるという形式。

この10分のストーリーの謎の濃さが異常。

毎回どんでん返しがあるといっても過言ではない。

しかも、海外ドラマみたいに、意味深な謎を残して10分が終わるので次が気になる。

ただ、毎回衝撃が多すぎるため、

何が、名シーンなのかよくわからないのがある意味欠点なのかもしれないですね。

「なんだってー!」と叫ぶ回数は一番多いが、名シーンは何か答えにくいのが十三機兵防衛圏

謎の難解さ

謎の難解さは、Ever17>十三機兵防衛圏>シュタインズゲート

ストーリーの難解さは、十三機兵防衛圏>Ever17>シュタインズゲート

かな。

とりあえず、シュタインズゲートは一番わかりやすく、

SFミステリにしては、「万人向け」と言えると思います。

Ever17、十三機兵防衛圏は相当尖ってますね。

Ever17やる時は、ノートにメモってたし、

十三機兵やる時は、Googleドキュメントに登場人物・ルート毎の時系列をまとめていた。

そのくらいじゃないと、中々整理できない。

Ever17、十三機兵防衛圏は「SF初心者向けではない」作品です。

この3作品甲乙つけがたいのですが、

私の中では、尖っているのが好きなので、

個人的評価は Ever17=十三機兵防衛圏>シュタインズゲート ですね。

まとめ

今回は『SFミステリADVゲーム傑作3作を徹底比較!【シュタゲ・Ever17・十三機兵防衛圏】』と題して

SFミステリADVゲームの名作3作の比較考察を行いました。

では、今回もご覧いただき有難うございました!

おすすめ記事!

本格ミステリベスト10

2020年本格ミステリベスト10 大胆予想!今年は激戦区!
2020年本格ミステリベスト10 トップ10予想 本記事は2019年12月01日時点でのランキングの予想です。 ※2020本格ミステリベスト10が12月5日に発売されました。    【結果】 → 私が予想した1~10位の...

このミステリーがすごい!

「このミステリーがすごい2020年版」の順位と徹底考察
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「このミステリーがすごい2020年版」の順位と感想』と題して 12月11日発売の「このミステリーがすごい2020年版」についてまとめてみました。 本記事の内...

どんでん返しミステリ

↓どんでん返しミステリ

読書量年100冊の私が勧めるどんでん返しミステリ7選【おすすめ】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『読書量年100冊の私が勧めるどんでん返しミステリ7選』と題して どんでん返しミステリを紹介します! どんでん返しミステリ7選 順不同です。 おす...

新鋭本格ミステリ作家

おすすめ!新鋭本格ミステリ作家7名とオススメ本を紹介!【本ミス2020】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『おすすめ!新鋭本格ミステリ作家7名を紹介』と題して、 とても期待している若手ミステリ作家7名についてまとめてみました。 本格ミステリベスト10の新鋭特集の7名が超オ...

屍人荘の殺人の小説と映画比較

屍人荘の殺人の原作と映画化の徹底比較!【最速で本格ミステリブロガーが考察→イマイチでした】【ネタバレあり】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『屍人荘の殺人の原作と映画の徹底比較!』と題して、 「屍人荘の殺人」の原作と映画の比較記事を書いてみました。 12月13日公開で、12月14日ブログ更新。 ...