2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

「SFが読みたい! 2020年版」から読みたい本を選ぶよ

04ミステリ小説以外

こんにちは、アボカドです!

今回は『「SFが読みたい! 2020年版」から読みたい本を選ぶよ』と題して

SFが読みたい2020年版から、読みたい本を選んでみました。

内容紹介

年間ベストSF発表、ベスト1作家からのメッセージ、サブジャンル別ベスト、この一年のSF関連トピック、2020年の各出版社のSF書籍刊行予定、SF関連書籍&DVD目録などでおくる、恒例のガイドブック最新版! 特別企画「2010年代ベストSF」も掲載。

引用:Amazon

国内1位~10位

1位

created by Rinker
早川書房
¥1,870(2020/11/29 10:55:46時点 Amazon調べ-詳細)

2位
created by Rinker
¥3,300(2020/11/29 10:55:47時点 Amazon調べ-詳細)

3位
created by Rinker
¥836(2020/11/30 06:23:42時点 Amazon調べ-詳細)

4位
created by Rinker
早川書房
¥1,760(2020/11/29 10:55:48時点 Amazon調べ-詳細)

5位
created by Rinker
講談社
¥1,815(2020/11/30 06:23:42時点 Amazon調べ-詳細)

6位
created by Rinker
早川書房
¥1,100(2020/11/29 10:55:49時点 Amazon調べ-詳細)

7位
created by Rinker
KADOKAWA
¥2,145(2020/11/29 10:55:50時点 Amazon調べ-詳細)

8位
created by Rinker
早川書房
¥1,980(2020/11/29 10:55:50時点 Amazon調べ-詳細)

9位
created by Rinker
¥1,870(2020/11/29 10:55:51時点 Amazon調べ-詳細)

10位
created by Rinker
早川書房
¥1,980(2020/11/29 10:55:52時点 Amazon調べ-詳細)

海外1位~10位

1位

created by Rinker
早川書房
¥2,090(2020/11/30 06:23:43時点 Amazon調べ-詳細)

2位
created by Rinker
¥1,320(2020/11/30 06:23:44時点 Amazon調べ-詳細)

3位
created by Rinker
早川書房
¥1,144(2020/11/30 07:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

4位
created by Rinker
早川書房
¥2,530(2020/11/30 06:23:45時点 Amazon調べ-詳細)

5位
created by Rinker
早川書房
¥1,320(2020/11/29 10:55:54時点 Amazon調べ-詳細)

6位
created by Rinker
竹書房
¥990(2020/11/29 10:55:55時点 Amazon調べ-詳細)

7位

8位
created by Rinker
早川書房
¥2,090(2020/11/30 07:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

9位
created by Rinker
東京創元社
¥2,420(2020/11/29 10:55:57時点 Amazon調べ-詳細)

10位
created by Rinker
東京創元社
¥1,144(2020/11/30 06:23:46時点 Amazon調べ-詳細)

読みたい本

普段は本格ミステリを読んでおり、

SFのランキング雑誌を読むのは初めて。

この中で読んだことがあるのは、国内1位の「なめらかな世界と、その敵」(伴名練)のみ。

慣れかもしれないですが、タイトル・表紙を見ただけだと敷居が高そうですね。

その中でも気になった本を選んでみました。

三体

海外1位

中国の国民的作家「劉 慈欣」さんの書いた作品。

琴線に触れたのは表紙。壮大感。

代表的な評価を見ると、以下の通り。

・増幅する世界観

・理論の緻密さ

・大量のギミック

圧倒的なエネルギーがありそうな本作。

3部作の1作目らしいので、今からでも遅くないかもしれない。

宿借りの星

国内2位のハードSF。

評価を見ると、用語が独特で序盤は読みづらいものの、段々、世界観に没頭できる。

漫画家「弐瓶勉」の作品に通じる異世界感があるとのこと。

~あらすじ~

その惑星では、かつて人間を滅ぼした異形の殺戮生物たちが、縄張りのような国を築いて暮らしていた。罪を犯して祖国を追われたマガンダラは、放浪の末に辿り着いた土地で、滅んだはずの“人間”たちによる壮大かつ恐ろしい企みを知る。それは惑星の運命を揺るがしかねないものだった。危機に立ち向かうため、マガンダラは異種族の道連れとともに、戻ったら即処刑と言い渡されている祖国への潜入を試みる――。『皆勤の徒』の著者、待望の初長編。/解説=円城塔

引用:BookLive

まとめ

今回は『「SFが読みたい! 2020年版」から読みたい本を選ぶよ』と題して

SFが読みたい2020年版から、読みたい本を選んでみました。

おすすめ記事!

本格ミステリベスト10

↓「2020年本格ミステリベスト10」を本ブログで大胆予想中

2020年本格ミステリベスト10 大胆予想!今年は激戦区!
2020年本格ミステリベスト10 トップ10予想 本記事は2019年12月01日時点でのランキングの予想です。 ※2020本格ミステリベスト10が12月5日に発売されました。    【結果】 → 私が予想した1~10位の...

このミステリーがすごい!

↓「このミステリーがすごい!2020年

「このミステリーがすごい2020年版」の順位と徹底考察
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『「このミステリーがすごい2020年版」の順位と感想』と題して 12月11日発売の「このミステリーがすごい2020年版」についてまとめてみました。 本記事の内...

どんでん返しミステリ

↓どんでん返しミステリ

読書量年100冊の私が勧めるどんでん返しミステリ7選【おすすめ】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『読書量年100冊の私が勧めるどんでん返しミステリ7選』と題して どんでん返しミステリを紹介します! どんでん返しミステリ7選 順不同です。 おす...

新鋭本格ミステリ作家

↓新鋭本格ミステリ作家

おすすめ!新鋭本格ミステリ作家7名とオススメ本を紹介!【本ミス2020】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『おすすめ!新鋭本格ミステリ作家7名を紹介』と題して、 とても期待している若手ミステリ作家7名についてまとめてみました。 本格ミステリベスト10の新鋭特集の7名が超オ...

屍人荘の殺人の小説と映画比較

↓屍人荘の殺人の小説と映画比較

屍人荘の殺人の原作と映画化の徹底比較!【最速で本格ミステリブロガーが考察→イマイチでした】【ネタバレあり】
こんにちは!本格ミステリブロガーのアボカドです。 今回は『屍人荘の殺人の原作と映画の徹底比較!』と題して、 「屍人荘の殺人」の原作と映画の比較記事を書いてみました。 12月13日公開で、12月14日ブログ更新。 ...

本の朗読サービスAudible紹介

↓今すぐ始められる!時間がない人におすすめです。