2020年本格ミステリベスト10 トップ10を大胆予想中!(随時更新)

世界最大のパンデミック!スペイン風邪について調べてみた【新型コロナ】

05ライフハック・効率化

こんにちは!アボカドです。

今回は『世界最大のパンデミック!スペイン風邪について調べてみた【新型コロナ】』

と題して、スペイン風邪について調べてみました。

何か、参考になるかもしれません。

IDSC 国立感染症研究所の『スペイン風邪』紹介引用

~スペインインフルエンザ(1918-1919)~

第一次世界大戦中の1918年に始まったスペインインフルエンザのパンデミック(俗に「スペインかぜ」と呼ばれる)は、被害の大きさできわだっています。

世界的な患者数、死亡者数についての推定は難しいのですが、患者数は世界人口の25-30%(WHO)、

あるいは、世界人口の3分の1(Frost WH,1920)、約5億人(Clark E.1942.)で、

致死率(感染して病気になった場合に死亡する確率)は2.5%以上(Marks G, Beatty WK, 1976; Rosenau MJ, Last JM, 1980.)、

死亡者数は全世界で4,000万人(WHO)、5,000万人(Crosby A, 1989; Patterson KD, Pyle GF, 1991; Johnson NPAS, Mueller J, 2002.)、

一説には1億人(Johnson NPAS, Mueller J, 2002.)ともいわれています。

日本の内務省統計では日本で約2300万人の患者と約38万人の死亡者が出たと報告されていますが、

歴史人口学的手法を用いた死亡45万人(速水、2006.)という推計もあります。

引用:IDSC 国立感染症研究所 http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/pandemic/QA02.html

スペイン風邪の致死率は2.5%

当時の世界で、どれだけ妥当性のある統計データを取れているかわかりませんが、

致死率2.5%以上としていますね。

意外と致死率低い。

(なんとなく、新型コロナの比率がまだ不明ですが、同じくらいの致死率のような気がしないでもない)

スペイン風邪の死亡者数4000万~1億人

スペイン風邪の死亡者数、世界で4000万~1億人。

特に流行していたのは2年。(1918-1919)。

1億人と考えると、2年で日本が全員いなくなるくらいのスケール感。やばいですね。

致死率2.5%の癖に、この死亡者数。

全人類の30%くらいはスペイン風邪かかってたという話もあるそうで。

コロナはどうなっちゃうの?

インフル系パンデミックは、今回紹介したスペイン風邪を含め3種類あります。

(1)スペインインフルエンザ(1918-1919)

(2)アジアインフルエンザ(1957-1958)

(3)香港インフルエンザ(1968-1969)

全部収束するまでに、2年くらい掛かっているのかな?

そう考えると、新型コロナも1年どころではないという気もしてきます。

オリンピック2021可能なのか?

そもそも終息なんていうものがあるのか?

希望があるとしたら、

時代も変わって医療も発達しているので、

画期的な対策案が登場すれば終息も早まるのかな。

まとめ

今回は『世界最大のパンデミック!スペイン風邪について調べてみた【新型コロナ】』

と題して、スペイン風邪について調べてみました。

では、今回もご覧いただき有難うございました!